HOME > 時計について

NEWS

お知らせ

2020年03月12日

# 展示会

ドイツ・インフォルゲンタ、チュチマグラスヒュッテ工場訪問レポート⑧


おまけ・夕暮れ時のドレスデン観光





グラスヒュッテからドレスデンへ帰るタクシー待ちの時間に夕立が降り、晴れた一瞬にあたかも我々を歓送するがごとく虹がかかっていた。









ドレスデンへ向かう途中で日が暮れた。









ドレスデンに着いた頃にはすっかり暗くなってしまい、約1時間程の駆け足でのプチ観光をしました。





観光の名所『聖母教会』





建物黒い部分が昔の瓦礫を残しておき同じところにはめ込んで再建した。ドイツの再建能力と完全復興力に感嘆した。









マイセンの壁画「君子の行列」





各時代の君子の隊列が101メーターに渡りマイセンの陶磁器で描かれていた。その時代の服装・様式が窺える貴重な壁画でした。約25000枚のマイセン磁器のタイルを使っているそうです。









オペラハウス、ザクセン王国の宮廷歌劇場として建てられた。









「ツヴインガー宮殿」大きな中庭がある、バロック様式の宮殿です。









帰国の日、午前中ドイツミュージアムへ、あまりにも広く駆け足での見学でした。









帰りもルフトハンザ航空でミュンヘンから一路羽田へ









インフォルゲンタの入場チケット・ドイツミュージアムのパンフレット・ルフトハンザ航空チケット・トラムのチケット・レオナルドミュンヘンシティーセンターホテルの案内等々









2020/2/16-20、たった3泊5日の視察旅行でしたが 、コロナ騒ぎを尻目にして快適なドイツ訪問でした。お世話になったチュチマ代理店のモントレックス徳永さん、ご一緒させていただいたパワーウォッチの堀内さん、カメラマンの神戸さん、また現地のテュチマ・セールスマネージャーのカルロ・パートマイヤー氏、他各メーカーの担当者の方々、通訳の谷内さん有難うございました。





帰国後、国際展示会(バーゼルワールド等)は軒並み中止になり、今やフライト出来ても帰国できないことも考えられ、今年のTSホリウチの海外視察は滑り込みでセーフという事になりました。





レポート8回の連載になりましたが、ご覧いただき誠に有難うございました。





終り!






ロゴ