HOME > 時計について

NEWS

お知らせ

2019年11月08日

# SINN

2019ジン・ツアー②


筆者のジン新工場訪問は4回目になり、ジンテクノロジーについては熟知しているはずですが、詳しく説明を受けるとより一層の理解度がUPしました。





ARドライテクノロジー





例えば、このハイドロテクノロジー操作機械は、時計を真空状態にしてその中にアルゴンガスを挿入して機械内を安定化させるのですが、それに加えて使用中ドライカプセルを着けることによって機械内の水分を除去する、そして、ドライカプセルの色の変化で機械内の環境変化を視覚的に判断できる。





ジンとっておきのテクノロジーをより深く感銘を受けました。





真空状態にするしてドライカプセル装着する機械。




パッケージに入れて真空状態にする機械にセット、ドライカプセル・アルゴンガスを充填




ドライカプセルを着けたケースの断面




ジンのArドライテクノロジーは、ドライカプセルの搭載、EDRパッキンの使用、プロテクトガスの充墳という3つの技術的要素により、ムーブメントはほぼ無水の環境となりこの問題を解決。オイルの劣化プロセスと突然の気温低下によるサファイアクリスタル風防の曇りが防止され、信頼性の高い機能と精度が保証されます。(ジンHPより)



低温から高温までの精度保証 — ジン特殊オイル66-228





上:紫外線照射してケース他色変わり等の変化を検査する機械
下:低温から高温までの精度保証(ジン特殊オイル66-228)の検査を行い、温度変化によって起きるケース・針・インデックス等のゆがみも検査している機械




機械式時計のムーブメントのパーツが円滑な運動を行えるよう使用されている潤滑オイルは、通常-25℃で粘性が高くなり時計の精度が維持できなくなりますが、ジン社開発の特殊オイルは-66℃まで粘性を維持し+228℃まで蒸発が起きません。このオイルの使用により急激な温度変化に耐え、-45℃から+80℃の温度範囲でDIN(ドイツ工業規格)の定めた刻時精度の維持を可能にしました。
このオイルが使用されているモデルは、ドイツ出荷の際に全品-45℃と+80℃での検品が行われています。※モデルUXにつきましては、クォーツ製であり、シリコンオイルが充墳されているという特性を考慮し、機能性保証の温度設定は-20℃から+60℃としております。(ジンHPより)



セラミックス同等以上の硬度を誇る耐傷性  —  テギメント





テギメント加工時計のEZm7を筆者は5年間愛用しておりますが、表面の傷は未だ付いておりません。





また新たに認識したことにテギメント加工してある下地のステンレススティールは耐蝕性と研磨性に優れており耐久性のみならず美しい光沢感も生み出す904Lを使用しているのです。ご承知のようにロレックス製品はこのステンレススティールを使用しています。





金属の表面加工を微粒子を吹き付けて行う。




長時間ボールを回転させ テギメント加工等の摩耗を検査する機械。




テギメントとは、窒素を使用した浸炭加工を時計のケースに施すことにより鋼材の表面に炭素分子を拡散・浸透させ、焼入れして硬化させる技術です。
素材の表面をセラミックスと同じ1200ビッカーズ、あるいはそれ以上の硬度にして時計に傷がつくのを防ぎます。この加工はマットやポリッシュ等ケースの仕上げの種類を問わず可能です。ジンでは、この技術はPVDコーティングの基盤ともなっており、テギメントとPVDを併せて使用することで、ケース本体からコーティングが剥がれるといったエッグシェル現象を起こす心配がありません。(ジンHPより)



研磨する機械




ジン製品一覧はこちらからどうぞ





つづく


ロゴ