HOME > 時計について

NEWS

お知らせ

2020年08月02日

# ミヤブロ

ティソ再び!!


皆さんこんにちは〜👍





当店は相変わらず with コロナ で頑張ってます😭皆さんも頑張っていますか?





今回お知らせはスイスウォッチの心臓部キャリバーETAキャリバーを傘下に持つ、スウォッチグループの中核である、TISSOT(ティソ)の取り扱いを再開しました〜👍









今更、ティソ〜?😭・・・って思ってませんか?





わざと今更なんです😁





今回ティソを導入する上で、今まで筆者はコスパに拘って商品やブランドをブログで紹介してきたつもりです😎





その中でコスパを追求するという点では・・・このブランドを外す訳にはいきませんよね?





先ず〜





機械式時計の歴史としての安心感🤗





来たぜ1800年代!タップで公式サイトへ!




日差-4~+6の精度を叩き出すCOSCを取得してるモデルが多い😱





安心の精度(クロノメーターね!)




磁気帯から時計を守るシリコン製ヒゲゼンマイを搭載😁





ウチにもやっと来たぜシリコン😎




スペックはさることながらデザインの方も中々いいものが多いですね😊





ティソと言えばってモデルは筆者はバナナのイメージが強いですね!





これ日本の限定らし〜です!




このブルーなんかはいいですね😁いつの間にか裏蓋がねじ式に変わってたような・・昔はパチっと押し込むタイプだったような・・・





ましてやココ最近のモデルもカッコイイですよね?





ジェントルマン オートマティック!





コレぞエブリデイウォッチ!




コレは日本限定です!





パワーリザーブ80時間がついてシリコン製のヒゲゼンマイもついて・・





¥96800





や、安い!





どーだ!




これはレギュラーモデルですが¥104500です!





安すぎる・・・・・😬これも当然パワーマティック80ですよ!かつ、シリコン製のヒゲゼンマイも兼ね備えてます!





当店だとパワーリザーブ80時間のスペックだけで比較するとボールウォッチ かな?









コレになっちゃうと¥230,000なんでエグいっすね😁





筆者が思うのは時計のブランドが格とかそんなの気にしなかったらブランドのやる気次第でこんなに値段は下がるんだってティソの商品を見て思いました。





そりゃブランドにはそれぞれ事情がありますので一概に他の時計ブランドが高すぎるって訳ではないとは思いますがね。





今の所、当店は主力が独立系のブランドが多いので、大きいグループのブランドは久しぶりで只々感心しております😱





特に上記の優れたスペックのCOSC,パワーマティック80,シリコン製ヒゲゼンマイを兼ね備えてるのがこちら!













ジェントルマンと比べるとちょっと地味ですが・・・どこのシーンにも持っていけるデザインですよね?メタルバンドも当然ありますしね😬









コレで¥111,100😎





メーカーさん曰くCOSC取ったので価格が上がってしまいましたとの事!たいして上がってないですけどね🤓





ここまでご紹介したモデルはほんの一部です、まだまだ沢山ありますが気になるモデルはまたご紹介していきます!





とまぁそんな感じでティソ始めました😬





当店の一覧へどうぞ!




とにかくティソコスパ最強説を感じ取っていただけたら嬉しいです!





また次の物もなんかブログ書こうと思ってますんで宜しくです😁





さよなら〜🤟🏼


ロゴ