HOME > 時計について

NEWS

お知らせ

2019年06月11日

# ミヤブロ

フランチブランドペキニエの取り扱いスタートのお知らせ!


皆さん、こんにちは〜!





今日は新しいブランドの取り扱いを始めるのでそのご紹介です😁





皆さんはペキニエってご存知でしょうか?





ブランドロゴは既に見ただけでオシャレです。









この感じで既に高級感出てますよね?





このブランドは創業1975年で完全にマニュファクチュールブランドでしてフランスのモルトーってところに工場があります。







時計の世界遺産であるラショードフォンからもそんなに遠くないですよね?





この辺は時計学校も多くあるところらしいので昔は時計の技師の方が沢山この近辺で卒業されてペキニエやラショードフォンで就職されていたそうです。





今では時計業界と言えばスイスですが元はフランスから発展してスイスに移行していったのですが、そのフランスに時計の栄光を取り戻そうと創業者のペキニエさんもここに工房を開きました。





こちらのモデルは日仏友好160周年モデル




このブランドの特徴は完全自社ムーブで、特許取得している機構が多い事です





①世界初の駆動方式、センターシャフトドライブ!(国際特許取得)通常とは違う香箱とは別体式の一番車を持ち、解けたゼンマイのパワーをセンターシャフトが受け止める事でストレスの無い駆動が可能になります。





②世界初のインテグレイテッド・キャリパー モジュールを使わず全て一枚盤の中に日付けやムーンフェイズなどがある。メーカーさん曰くパワーをモジュールがない事で上面に伝えなくても良いため故障も少ないそうです。





③ロービート!21600振動でも優れた精度、これはセンターシャフトドライブがロービートを生み出す訳ですので被ってる事とも言えますけどね、、、





④世界初のフラット3ディスク・ジャンピングデイデイト(国際特許取得)曜日が大きく表示されています。3枚のディスクがフラットに並んでいるんですよね、普通どのブランドでもビッグデイトは段差が付いていますね?





同じ高さにディスクが並んでいる!




⑤日付け変更の禁止時間帯も無いです。





ザッと紹介するだけでこれだけ新しい機構があるので、ウンチク好きには堪らないですね!





これも日仏友好160年モデル




コレは自動巻ですカッコイイですね!コレも店頭にあります👍





裏も格好いいんですよ!





動く時にテンプがキャリパーで上手く隠れるようになってます




このブランドは機能の数によって独特な言い方があるので紹介しときます。





機能が二つあるものはフランス語で2なのでドゥ!例えば





黄色い線でついてる機能が二つなのでドゥ!




コレをペキニエではドゥ・フォンクション!スモセコ、パワーリザーブ!





これを連続していくので1から順に・アン・ドゥ・トア・キャトル・サンクといきますで、、、





黄色がトア、水色がキャトルって事になりますね!




要はこれがオーバーホール代金に影響する事になります。数が上に行くと料金が高くなるという事ですね。オーバーホールやメンテナンスは築地のモントルさんがやってくれるそうですし、百貨店のSOGOさんにも持ち込み可能なのでその辺のアフターも安心ですね😁





このブランドはね、とにかくなんかエロさすごいんですよ!





防水性も大体100m防水ありますし、近くで見ればフレンチのお洒落な雰囲気がすごくわかります!





是非店頭にこのオシャレとウンチクが溢れんばかりのペキニエを見にきてください😊





百聞は一見にしかずですね😁





それではさよなら〜


ロゴ