HOME > 時計について

NEWS

お知らせ

2019年05月03日

# SHIGERUのつぶやき

ドイツエンジニアリングとグラスヒュッテの時計職人の技術の証


ノモス・アウトバーン





機械式時計をよく知っている方々でも、ノモスと言えば代表的なタンジェント筆頭の手巻式時計を思い浮かべる人がほとんどですが、近年、ノモス技術最先端は自社開発の自動巻式時計が中心を占めてきています。薄型で24時での日付操作ができる画期的な自動巻き式キャリバーDUW6101搭載モデルで、デザイン性においてもドイツの著名なデザイナー「ヴェルナー・アイスリンガー」氏によって生み出された。「スポーツカーのメーターと日付ウィンドウは走行距離計を連想、レーストラックの外側のバンク角度を連想させるダイアルデザイン」はこのアウトバーンという名にふさわしく仕上っています。























ノモス・スイングシステム





ヒゲゼンマイから自社で造っているのがノモス・スイングシステムという脱進機です。このコンポーネントは、すべての機械式腕時計の心臓部であり、正確さを確保するものです。世界中でもほんの数社のみがこのコア部品を自社で製造しています。



DUW 6101:ノモススイングシステム内蔵のネオマティック・デートはグラスヒュッテが創り出したハイエンド・メカニズム。このネオマティックキャリバーは、大きいだけでなく、高さ3.6mmと超薄型です。最適な場所である文字盤のエッジに日付が表示されています。しかも、すばやく簡単に前後に調節可能(24時で操作しても壊れない)。これは、ユーザーフレンドリーな機能の一つにすぎません。











店主の感想:このノモスアウトバーンは定価¥555,000+税とこれまでのノモスと比較すると高価ですが、価格以上の技術革新と優れたデザイン性が上乗せされており、決してユーザーを裏切ることはないと確信いたします。











ヴェルナー・アイスリンガーは、ベルリン芸術大学の学生時代から、ロンドンにおいて、ロン・アラッド、ジャスパー・モリソンと、またミラノにおいてミッシェル・ドゥ・ルッチの下で働いていました。1993年に、ヴェルナーはベルリンにスタジオ・アイスリンガーを設立。2008年にはシンガポールに2番目のオフィスを開設しました。アイスリンガーの「Juli Chair」は、1964年以来初めてニューヨーク近代美術館(MOMA)に常設展示されるドイツの椅子となりました。彼のデザインした家具は、パリのフランス国立現代美術コレクション、ロンドンのビクトリア&アルバート美術館、ミュンヘンのデイ・ノイエ・ザムルングなどに展示されています。アイスリンガーの「Loftcube」など北欧風の構造ユニットは、新たな生活スタイルのパイオニア的作品です。彼は、イタリアのコンパッソ・ドーロ・アワードや、ジャーマンデザインアワード、シカゴ・アテナイオンのグッドデザインアワードなど数多くの賞を受賞しています。2014年、彼は「A&Wデザイナー・オブ・ジ・イヤー」を受賞しました。それ以来、同氏は、クリエティブ・パートナーのティナ・ブニヤプラシットと共に、ノモス・グラスヒュッテとのコラボレーションに取り組んでいます。(ノモスHPより)



ノモス・アウトバーン一覧はこちらから





ノモス製品一覧はこちらから


ロゴ