HOME > 時計について

NEWS

お知らせ

2019年04月09日

# JEWELRY

和彫り、洋彫り、違いってあるのかな?


和彫りと洋彫り、同じ彫り仕上げ、そんなに違いがあるのか、一見みただけでは判らないし、考えた事もない。ほとんどの方がそうだとおもいますし、そもそも、そんなのどっちでも良い、なんて方もいらっしゃいますよね。





当店は和彫りをメインとしてご提供しています、何故和彫りにこだわり、多数の龍モチーフのリング、ペンダント、ネックレス、ピアスなどのオリジナルデザインを作製しているのか





今回は、和彫りと洋彫りの違いなど、少しご紹介したいとおもいますので、ご興味のある方、お付き合いくださいませ。





代表的な洋彫りは、有名なハワイアンジュエリーなどに施される彫金があります。





洋彫りの一例として









k18金製の.洋彫りリング。









SV925(シルバー)の洋彫りペンダント。









SV925(シルバー)の洋彫りバングル。









同じく、SV925(シルバー)の洋彫りバングル。





洋彫りは、押して切る彫り方、日本の(和彫り)はタガネ彫りは、叩きと、引き。まったく逆の手法となります。





日本の鏨(タガネ)は、非常に繊細で、細いものから太いものまで、多種に渡ります。









実際に職人が製作に使用している、タガネ工具の一部です。





タガネ(鏨)とは、彫金を施す際に必要な、彫る為の道具の事です。





タガネの種類は、平たいものから、尖ったもの、太さも多種あり、彫金を施す材質や、模様などによって、最適なタガネを用いて細工を施していきます。





ほとんどのタガネ工具は、職人自身の手によって改作や、自身の手によって作つたタガネ工具を使用しています。





一流の彫金師によっては、100本以上のタガネを所有し、自在に操ります。





タガネの中でも代表的な刃が、片切りタガネです、刃が斜めになっていて、筆のような線から、払い、曲線などのタッチが出せます。









こちらの画像は当店のオリジナル、和彫りの龍神シリーズのものです。





日本の彫金、和彫り技法は、ハワイアンジュエリーなどの洋彫りよりも、手のこんだ繊細な仕上がりになっています。





如何ですか? 洋彫りに比べて細かく、繊細な彫りが施されているのがわかるとおもいます。





タガネ彫りはもともと、日本の刀の鍔(つば)に彫刻をするのに行なわれていた技法です。





それ以降、箪笥(タンス)の鍵の部分などに、タガネ彫りが施されていました。





このように伝統技術として受け継がれ、現在のジュエリー業界を支えてきています。









こちらの品々も、当店オリジナルの和彫りジュエリーです。





一点製作するのに、数千ヶ所から数万ヶ所のタガネ彫りをする事もあります。





当然、製作日数も数ヶ月以上要するものもあります。画像のようにタガネを施し、迫力ある顔立ち、臨場感のある仕上がりになっています。





職人の技量やセンスによって、その仕上がりは大きく違いが出てきます。





当店のタガネ彫り職人は、40年以上のキャリアを持ち、特に龍のモチーフをもっとも得意としていますので、ご覧のような仕上がり、納得の出来映えかとおもいます。





如何ですか? 伝統技術の和彫りについて、少しご興味とご理解頂けましたでしょうか。伝統を継承し何百年と技術を研鑽し、そして今の宝飾業界を支えているのです。





職人達の努力、伝統技術の継承、製品をみる目も少し変わるかとおもいますし、大量生産の製品との違い【特に価格、オリジナリティ】など、ご理解いただけるかとおもいます。





また、当店では和彫りによる、さらなる龍モチーフの新作を作成中ですので、HPで随時更新させて頂きます。ご興味のある方は是非ご注目ください。





皆様のたくさんのお問い合わせを、お待ち致しております。





◾️洋彫りの得意な職人もおりますので、お問い合わせくださいませ。











ロゴ