HOME > 時計について

NEWS

お知らせ

2021年08月22日

# MAURICE LACROIX

レトログラード時計


レトログラードとはフランス語の「逆行」をいみするので、扇型に針が動くさま見ることが出来ます。今回はモーリス ラクロアの2種類のレトログラードデザインをお楽しみください。





「モーリス ラクロア・マスターピース・ムーンフェイズ レトログラード」













10時位置のデイトレトログラードは31日の夜24時に一気に1日に針が扇型に動くさまを見ることが出来る。









側面のケースにはデイト・カレンダー・ムーンフェイズを動かすプッシュボタンが3か所設置されている













2時位置のカレンダーレトログラードは日曜日の24時に一気に月曜日に動くさまが見られる。













店主の感想:ダイヤル内を見渡すと、複雑怪奇に見えますが2時位置の曜日のレトログラード、10時位置の日付レトログラード、6時位置のムーンフェイズ&スモールセコンドが逆三角の対称になっていて視覚的にバランスよく配置されている。又、それぞれの3つのインダイアルには快いクルドパリギョウシェ彫が施され、高級感を醸し出している。この時計が話のタネになって友達の輪が広がるに違いない。





データーベースはこちらからどうぞ





モーリスラクロア一覧表はこちらからどうぞ





お問い合わせはこちらからどうぞ









正規代理店商品の在庫を豊富に取り揃え、常時35本以上の在庫の中からお選びいただけます。









2019年にはモーリス ラクロア本社に出向き時計創りの神髄をこの目で確かめてまいりました。





2019MAURICE LACROIX 本社見学





「モーリス ラクロア・マスターピース・マスターピース.カレンダー レトログラード」









10時地位の日付レトログラードは31日24時に一気に1日ジャンプダウンする

















7時間位置側面にはデイト早送りのプッシュボタンが設置されている

















店主の感想:まず何といってもダイアルのブルーカラーとインデックス・ハンズのシルバー・SSカラーの取り合わせ・バランスが良い。コート・ド・ジュネーブギョウシェ彫りがダイヤルに施してあり、2時位置のパワーリザーブ・10時位置のデイトレトログラード・6時位置のスモールセコンドインダイアルには彫がなく、スッキリした顔立ちに仕上がっている。シースルーバックから見える美しいく仕上げたキャリバーML190を眺めるのも快い。





データーベースはこちらからどうぞ





モーリスラクロア一覧表はこちらからどうぞ





お問い合わせはこちらからどうぞ









2019MAURICE LACROIX 本社見学





TSホリウチの感染対策は万全









感染対策は万全に行っています(係員の常時健康管理し検温アルコールでの手指除菌・サーモグラフィーにて常時お客様の体温・マスク着用自動チェック、自動噴霧アルコール除菌器、二酸化炭素濃度自動チェック機器設置、次亜塩素酸ナトリウムで敷マット除菌、換気は常時外気と循環。係員は6名ワクチン2回接種済み・1名は1回接種済み9月3日には全員が終了になります。)






ロゴ