HOME > 時計について

NEWS

お知らせ

2021年02月15日

# SHIGERUのつぶやき

微妙な色遣い容・春を呼び込む!?


「ノモス・ミニマティック」









このドットインデックス・ハンズの画像をご覧ください





30分のドットインデックスはレッド





25分のドットインデックスはゴールド





その間1分間隔のインデックスはブルー





スモールセコンド・ミニッツハンズはレッドと





タッタ35.4ミリ径のダイアルの中に





これほど目立たなくカラーリングを施してあるのは





ノモス・ミニマティックぐらいしか思い当たらない









ラグからケースへのカーブラインはバックから





逆テーパーにして素晴らしい曲線美を描き出している









このように、凝視しないとその色・容が飛び込んでこないのが





「ノモス・ミニマティック」である。





なぜ、このように細部にわたるデザインに拘っているのか





それは、ノモスではデザイン専門のオフィスを構えているからです。





ベルリン・ノモスデザインオフィス「ベルリーナブラウ」




筆者は2016年ノモスグラスヒュッテ工場とベルリンデザインオフィスを訪問





ノモスの時計造りを目の当たりにしてきました





時計本体はグラスヒュッテ





デザインはベルリンと





分業で若いデザイナーがカラーリングからハンズ一本・工場設計の隅々まで





デザインしていました









ノモスはこのようにして時計を創っているから





微妙なデザイン感覚が素晴らしいのです





是非、お手に取ってご覧いただければ「春を呼び込む」ノモスがご理解できると思います!





「ミニマティック・ミッドナイトブルー」





ミニマティック・ミッドナイトブルー




ノモス一覧はこちらから






ロゴ