HOME > 時計について

NEWS

お知らせ

2019年07月13日

# SINN

幻のキャリバー「レマニア5100」それを踏襲したモデル達


既に生産終了しているクロノグラフの中でも、最高に惜しまれているのがレマニア5100搭載モデルです。





今でも探しているヘビーユーザーの方が沢山おり、そのキャリバーを踏襲して作り直しているメーカーがあります。





ここで紹介するのが 「ジン・506EZM1.1」 と「チュチマ・M2 パイオニア」です。





キャリバーは 「sinnSZ01」と「tutima521」搭載になります。





もちろん、まだ当店にはレマニア5100搭載モデル「チュチマ・ミリタリークロノグラフ コマンド II」が1本だけございます。





左から「チュチマ・M2 パイオニア」 「チュチマ・ミリタリークロノグラフ コマンド II」 「ジン・506EZM1.1」




全モデルの特徴はセンタークロノグラフ秒針と60分積算計が重なりあっていてクロノグラフの60分積算インダイアルを少なくしている点です。















クロノグラフを動かすとセンタークロノグラフ秒針が動き出すが、その下に60分積算針が残されており、1分経つとコマ一つだけ動くのが確認でき、なんとも言えないマニアックな喜びを覚えます。















TSホリウチならではの品揃えです、すべて正規代理店商品ですので安心の正規保証・アフターザービスが付きます。



ご来店の上お手に取ってお確かめください!



「チュチマ・ミリタリークロノグラフ コマンド II」の詳細はこちらから





「ジン・506EZM1.1」 の詳細はこちらから





「チュチマ・M2 パイオニア」 の詳細はこちらから


ロゴ