HOME > 時計について

NEWS

お知らせ

2021年01月10日

# FORTIS

屈強デザインで新登場!『フォルティス・フリーガーF』入荷!






『フリーガー F-43 バイコンパックス』









黒・ブルー・オレンジのが織りなすカラーが新生フォルティスを象徴し、特徴として「ブリックストラック」「シンクロライン」「バイコンバックス」と新しい機能・デザインが備わっています。





ブリックストラック(Brixtrack®):瞬時の視認性





ブリックストラックとは、ダイヤル外周に配された円形トラックのことで、トラック上にはスーパールミノバX1を施したブリックスと呼ぶ時間を表すアプライドインデックスが取り付けられています。特に光の少ない状況での視認スピードを向上させます。









シンクロライン(SYNCHROLINE®):軌道調整ユニット





ダイヤル上の±5秒の位置にデザインした、オレンジ色の蛍光仕上げのラインのことです。パイロットが隊列を組むときはいつでも、その全員が正確に整列することが基本的に重要です。これを実現するためにフォルティスが新たに考案したのがシンクロライン(SYNCHROLINE®)です。±5秒の範囲内で、パイロットはチームメイトに合わせることができるようになりました。









バイコンバックス:水平に並んだ2つのインダイヤル





スモールセコンドやクロノグラフの分表示のインダイヤルが水平に2つ並んだレイアウトを“バイコンパックス”といい、かつての時計史上で人気を博したダイヤルレイアウトです。このモデルは、鮮やかなオレンジ色の蛍光仕上げのラインで示されたミニッツカウンターのみを備え、文字盤の複雑さを軽減し、全体的な視認スピードを向上させます。









『フリーガー F-39 オートマティック』





径39ミリは日本人の腕サイズにピタリ当てはまる大きさです。









シンクロライン(SYNCHROLINE®):軌道調整ユニット









ブリックストラック(Brixtrack®):瞬時の視認性













『フリーガー F-39 オートマティック』『フリーガー F-43 バイコンパックス』ともに、新しく開発されたストラップが装着されておりその頑強な造りには感嘆し、バックル装置についても間違いなく丈夫で長持ちするタイプに仕上がっております。









2020年2月17日ドイツ・ミュンヘン・インフォルゲンタ展示会フォルティスブースにて




店主の感想:2020年2月コロナが世界に蔓延する一歩手前に当社はドイツ・ミュンヘンのインフォルゲンタ展示会に出向き、この「フォルティス・フリーガーF」のプロトタイプをいち早く手に取り、その創りに感動しフォルティスフォルティスファンに必ず浸透することを察知していました。





フォルティス一覧はこちらからどうぞ!





『フリーガー F-43 バイコンパックス』





『フリーガー F-39 オートマティック』






ロゴ